お気に入りの財布

お気に入りで使い勝手のよい財布は、買物を支払う際にも、ラクに行えます。

財布は子どもの頃から今に至るまで、何個か使った方もあると思います。
小銭入れとお札など分けて使う方等もいらっしゃいます。

 

財布だけはブランドのものと決めている方もおられると思います。

 

買物の際にも、私の財布など紙幣よりカードの方の厚みが多い傾向なのです。

 

子どもの頃よく新聞紙や他の紙で、お財布を折り遊んだ経験が数多くあります。

 

お正月には、縁起がいいと新しい財布に買いかえる人などいます。

 

人それぞれに、持ちやすい財布、またお使い勝手の良い財布は、お気に入りの物となります。

 

「 財布を盗まれた経験」などある方もいらっしゃいます。

 

公衆電話に、財布を置き忘れた方が、思い出し行った時にはすでになかった人も知っています。

 

車から離れた場合、バックなど見えていて泥棒にあった人がいます。

 

この場合、お金を盗まれた人がいるのですが、泥棒は、財布の中のお金だけとり、財布はその付近の川などに捨てる傾向があるそうです。
警察官の盗犯の係りの人は、車の中の財布を盗まれた際には、中身だけを盗ると様子がわかるのです。

 

「 財布に入っていないお金を何回か拾った事」があります。
一度目は、子どもが幼いころ遊んでいて、財布には入っていないけれど、ペンケースの様なものに1万円札が入っており私に見せたのです。

 

二度目は、やはり財布には入っていないのですが、道路に1万円札が落ちていたのです。

 

三度目に拾った時も、財布には入っていなく封筒に入っていました。
25万円程入っていました。

 

どれも警察に届けました。

 

お金の持ち主が分った際には、拾った方に謝礼をするという決まりがあるそうです。

 

私は、お金を落とした方が、喜んでくれればそれでよかったのです。

 

三度の方は、老人クラブの集まりのお金らしく、謝礼をするため我が家にタクシーで来てくださったのです。

 

私のお気に入りの財布は二つ折りの財布です。
二つ折り財布の良い所は、ズボンからはみ出さないこと。ただ、ちょっと収納性にかけるのが残念ですけどね!
まぁ慣れればそんなこと気にしなくなります♪